桜鯛干物

母の日に極上の干物を贈りましょう♪
焼くだけでご馳走になる干物は、お母さんに送ったらきっと喜ばれます。







【商品内容】

  • ・桜鯛 1枚 (200g前後)和歌山県産
  • ・真あじ 2枚 (95g前後)対馬産
  • ・かます 2枚 (185g前後)相模湾産
  • ・さわら切身 2切 (90g前後)相模湾産
*母の日専用メッセージカード付き


母の日カード

母の日専用のメッセージカードをサービスでお付けいたします。

贈答用化粧箱(216円)のご用意もあります。


桜鯛

桜鯛 ・・・・ 春に旬を迎えるマダイのこと。マダイは桜の花が咲き始める3~6月頃産卵の為に浅瀬に来るのでこの時期のマダイのことを桜鯛と呼ぶ。 ちょうど春の訪れと共に開花する桜の花びらを模した可愛らしい斑点模様があしらわれた美しい真鯛のことを桜鯛と呼びます、とも。 この時期のマダイは脂がのって最もおいしいとされ、他の季節のものと区別され珍重されています。刺身や煮付け、塩焼き、どれでもおいしく食べることができます。
日本では古くから赤色を尊く侵しがたい神聖な色彩として扱っていたため、真鯛の中でも最も色鮮やかな赤色をしている桜鯛を祝賀や神事などといったおめでたい席に利用されております。


桜鯛干物



真あじ干物

真あじ・・・・・ 身が太って脂のりが良い対馬海域の真あじを使用しました。 脂がのっている分、身に水分が少なくふっくら。 その真あじを、太陽と潮風にあててさらに旨みを凝縮させた「天日干し」に。 太陽に当てると、魚肉に含まれるアミノ酸などの旨味成分がアップ。 また、余分な成分が抜けるため、魚特有のにおいが軽減され、プリッとした歯ごたえが生まれます。 身のほうから焼いて、皮をカリッと焼き上げるのが、よりおいしくあじわうコツです。



あじの干物




かます干物

かます・・・・・ 淡白な白身に上品でさわやかな香りがある。 もともと水分の多い魚なので、刺身で食べるよりも干物にして旨みを凝縮させた方が より一層美味しくなります。 他の魚より身が薄く、焼き過ぎると堅くなる為、焼き時間に注意が必要です。




さわら干物

さわら切身・・・・・ 白身で上品な味わい。 じんわりと滲み出てくる癖の無い脂が相まって上等なおかずの一品です。 ふっくら肉厚、大きなサイズでジュワっと脂が滴る極上干物のさわらを、焼きやすいサイズの切身にしました。





【特別価格!】 母の日お勧め!季節の魚詰合せ/桜鯛/真あじ/かます/さわら

通常価格: ¥4,860(税込)
価格: ¥3,800 (税込 ¥4,104) 15%OFF
パッケージ:
数量:
在庫: 在庫切れ
在庫なし

返品についての詳細はこちら



 



新規会員募集中
携帯サイトはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ